地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西宮の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西宮の地域情報サイト「まいぷれ」西宮市

西宮道楽

公益財団法人 西宮市大谷記念美術館

香櫨園駅から少し南に行き、芦屋市にもほど近いお洒落な住宅街の一角にある「公益財団法人 西宮市大谷記念美術館」
故・大谷竹次郎氏(元昭和電極社長、現社名SECカーボン株式会社)から西宮市に寄贈された土地、建物、美術作品をもとに1972年に開館されました。

近代絵画(洋画・日本画)を中心としたコレクションに、版画や現代美術など、1000点を超える作品を所蔵されています。
年間を通じ、コレクション展、近代・現代の展覧会、阪神間ゆかりの作家展、国際絵本原画展など様々な企画展を開催されており、2012年には総入館者数300万人に達し、名実ともに西宮が誇る名美術館です。

開館当時は家屋だったこともあり、その面影がノスタルジックな雰囲気を残しつつも、現代風な館内と建物、さらには巨大なガラス越しに眺める庭園など、おっとりした空間漂う美術館です。
館内には広々としたロビーがあり、そこから緑いっぱいの庭園の大パノラマが楽しめます。<br>太陽の温かい光が差し込み、美しい緑と小池を眺めながら、落ち着いた雰囲気のもと、展示作品を見ることができます。
館内には広々としたロビーがあり、そこから緑いっぱいの庭園の大パノラマが楽しめます。
太陽の温かい光が差し込み、美しい緑と小池を眺めながら、落ち着いた雰囲気のもと、展示作品を見ることができます。
こちらがエントランスから眺める庭園の大パノラマです。<br>まるで展示されている作品になるほど絵になるところです。
こちらがエントランスから眺める庭園の大パノラマです。
まるで展示されている作品になるほど絵になるところです。
美術館のもう一つの魅力である庭園には、緑豊かな美しい自然空間が広がります。<br>花や木々は季節に沿ったものが見ることができ、5月にはツツジ、6月には紫陽花といった季節の花、2月には梅の鑑賞も楽しめます。<br>なお、庭園は無料で周遊できます。
美術館のもう一つの魅力である庭園には、緑豊かな美しい自然空間が広がります。
花や木々は季節に沿ったものが見ることができ、5月にはツツジ、6月には紫陽花といった季節の花、2月には梅の鑑賞も楽しめます。
なお、庭園は無料で周遊できます。
庭園の奥には芝生のスペースにベンチがあり、<br>緑に囲まれた中でほっと一息もいいですね。
庭園の奥には芝生のスペースにベンチがあり、
緑に囲まれた中でほっと一息もいいですね。
撮影した日は紫陽花が綺麗に咲いていました。<br>季節を味わえるミュージアムもとても日本らしいでしょう。
撮影した日は紫陽花が綺麗に咲いていました。
季節を味わえるミュージアムもとても日本らしいでしょう。

公益財団法人 西宮市大谷記念美術館

◯住所
〒662-0952兵庫県西宮市中浜町4番38号
◯TEL 0798-33-0164 
◯FAX 0798-33-1699
◯開館時間 
10:00~17:00(入館は16:30まで)
◯休館日 
水曜(祝日の場合はその翌日)
入館料 ※展覧会により異なります。
団体割引:20名以上
西宮市内在住の65歳以上の方:
 企画展…一般料金の半額
 コレクション展…無料(要証明書)
・身体障害者・療育・精神保健福祉手帳など呈示の方は無料
・のびのびパスポート、ココロンカード呈示の小中学生は無料
アクセス 阪神本線「香櫨園駅」下車南西へ徒歩6分。
JR神戸線「さくら夙川駅」下車南西へ徒歩15分。
阪急神戸線「夙川駅」下車南西へ徒歩18分。
関連ページ 公益財団法人西宮市大谷記念美術館 ホームページ


☆ 編 集 後 記 ★

大谷記念美術館の最大の魅力は何といっても大パノラマから眺める庭園でしょう!

この庭園はかつて家屋であったことにより残るもので、美術館の象徴的な存在と言えるでしょう。
建物全体も広々として落ち着くことのできる空間もあり、全体的におっとりした美術館の印象を筆者は持っています。

とは言え、西宮でも名所中の名所である大谷記念美術館!!
特別展も幅広いジャンルで行われており、美術館そのものもバラエティ豊富は造りで、色んな展示と季節感漂う庭園を楽しめます。

まだ行ったことのないという方も、一度訪れてみる価値は大いにあります!!!


編集部 T.Y.