地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西宮の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西宮の地域情報サイト「まいぷれ」西宮市

西宮道楽

アガペ大鶴美術館

甲陽園から甲山山麓を一気に駆け上がり、北山ダムにほど近い自然豊かなロケーションを背景とする「アガぺ大鶴美術館」
アガぺ甲山病院に隣接し、「医療だけでは得られない精神的な癒しと安らぎを芸術を通じて提供したい」という思いから創設された美術館です。

展示品は主に象牙彫刻を基調とした作品が展示され、世界で最も大きな象牙彫刻の姫路城をはじめ塔や鶴、動物など、大きくも緻密で細かなところまで象牙で作られた彫刻品を楽しめます。
ダイナミックで繊細な作品であることから、象牙であることを忘れそうになるほどの作品たちです。

また、甲山山麓にあることから、西宮の市街地では味わうことのできない美味しい空気のもと芸術作品を堪能できるのもこの美術館の特長の一つです。

1階の展示室です。<br>こちらは大きな鶴や姫路城の象牙作品が展示されています。
1階の展示室です。
こちらは大きな鶴や姫路城の象牙作品が展示されています。
2階の展示室です。<br>かつて使用されていた医療器具やカメラ、大砲などの骨董品が主に展示されています。
2階の展示室です。
かつて使用されていた医療器具やカメラ、大砲などの骨董品が主に展示されています。
3階の展示室です。<br>中国美術作品に陶芸作品、青銅器、自然石を用いた作品が主に展示されています。
3階の展示室です。
中国美術作品に陶芸作品、青銅器、自然石を用いた作品が主に展示されています。
4階の展示室です。<br>鷲や塔、動物など、こちらの美術館の特長であるダイナミックな象牙彫刻品の数々が展示されています。
4階の展示室です。
鷲や塔、動物など、こちらの美術館の特長であるダイナミックな象牙彫刻品の数々が展示されています。
2階にあるオープンテラスからは、甲山が眺めることができます。<br>都会と違った空気を味わい甲山を眺めての一休みもできます。
2階にあるオープンテラスからは、甲山が眺めることができます。
都会と違った空気を味わい甲山を眺めての一休みもできます。

アガペ大鶴美術館

◯住所
〒662-0001 兵庫県西宮市甲山町53番地4号
◯TEL  0798-73-5111
◯FAX 0798-74-6235
◯開館時間
10:00~17:00 (入館は閉館30分前まで)
◯休館日
火曜
※祝祭日の場合は翌平日
その他、美術館の展示替期間および年末年始

入館料 一般1000円(800円) 大高生700円(600円)
中小生500円(400円) 65歳以上700円(要証明書)
※()は20名以上団体利用料金 ※障害者手帳提示無料
アクセス 阪急神戸線「夙川駅」より阪急バス「甲山墓園前」行きまたは「五ヶ池」行きに乗車。
「甲山墓園前」バス停下車。
阪神本線「西宮駅」より阪神バス「鷲林寺線(東回り・西回り)」に乗車。
「甲山墓園前」バス停下車。
関連ページ アガぺ大鶴美術館 ホームページ


☆ 編 集 後 記 ★

象牙彫刻作品を初めて拝見することができました。
これまで象牙というものを高校の英語の授業に出たくらいでほとんど目にしたこともなかったに等しいほどでした。

そして今回初めて象牙を拝見でき、あまりに綿密で大きな作品たちに、象牙という感覚を失うほどでした。それほど象牙彫刻に深みのある作品たちばかりで、記事にもある通りダイナミックに楽しむことができました。

また、甲山をバックにしたテラスには、涼しげな風が通り、この季節にはうってつけの避暑的なオアシスとしても適していると感じました。

ちなみに筆者は西宮の山の方に行ったのは、高速で通過する以外で初めてのことでした。「ここホンマに西宮か!!!?」と思ってしまうほど、市街地と一線を画した自然豊かなところに、西宮の新たな発見がありました。


編集部 T.Y.