地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西宮の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西宮の地域情報サイト「まいぷれ」西宮市

西宮道楽

白鷹株式会社

神戸から西宮にかけて開かれている日本酒の産地「灘五郷」のひとつ「西宮郷」の中にある白鷹株式会社

1862年の創業以来、品質を第一に掲げられ「いいものをつくって提供する」というこだわりをもって、
他メーカーのつくった酒を一滴も購入することもなく、100%自家醸造のお酒づくりをされてきました。

お酒づくりには、「生もとづくり」(きもとづくり)という酒母をつくる過程で最も手間のかかる方法を採用され、その他にもお米は山田錦を100%、六甲の名水・宮水を100%使用されるなど、いいお酒を提供されることに徹底されています。
これら白鷹こだわりのお酒は、西宮でつくられたお酒のみを販売されているというところも特長です。

酒づくりが盛んになる冬季には見学会も行われ、普段見ることのできない酒づくりの現場を楽しむことができます。また秋ごろには西宮市内の小学生も社会見学で訪問されるそうです。

純米吟醸酒の「極上白鷹」
純米吟醸酒の「極上白鷹」
山田錦、宮水、生もとづくりなど手間とこだわりもって白鷹のお酒はつくられています。
山田錦、宮水、生もとづくりなど手間とこだわりもって白鷹のお酒はつくられています。

伊勢神宮御料酒

伊勢神宮より下賜された白鷹碑
伊勢神宮より下賜された白鷹碑
白鷹のお酒は全国で唯一「伊勢神宮御料酒」として、伊勢神宮の神様に供えられています。

日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけのまつり)と呼ばれる豊受大神宮(外宮)の御饌殿という御殿で朝夕に食事が供えられる習慣があり、大御神に供えられる器にお酒も入っています。
そのお酒に、白鷹のお酒が選ばれ、以降一日も欠かすことなく献上され続け、伊勢神宮の神々に供えられています。
白鷹の工場内にある伊勢神宮の御料酒庫<br>
白鷹の工場内にある伊勢神宮の御料酒庫
伊勢神宮日別朝夕大御饌祭の様子<br>(白鷹禄水苑集古館での展示より)
伊勢神宮日別朝夕大御饌祭の様子
(白鷹禄水苑集古館での展示より)
日別朝夕大御饌祭に用いられる酒器の数々<br>(白鷹禄水苑集古館での展示より)
日別朝夕大御饌祭に用いられる酒器の数々
(白鷹禄水苑集古館での展示より)

白鷹株式会社

◯住所
〒662-0942 兵庫県西宮市浜町1-1

◯TEL 0798-33- 0001
◯FAX 0798-36-6356

~関連ページ~
白鷹株式会社 ホームページ


☆ 編 集 後 記 ★

伊勢神宮の御料酒として神様がおのみになられているお酒がここ西宮の白鷹さんなんですね!!
これは取材させていただき、久しぶり「おおおおおっ!」となるほど個人的には非常に面白く貴重なコンテンツで感銘しきりでした。

あの鹿の国こと奈良出身の筆者
にとって、近鉄沿線によくお世話になっていたこともあり、伊勢神宮と聞くと隣の三重県でありながらとても親近感のわくうえ、伊勢志摩自体が個人的に好きな所のひとつでもあります。
(無論、2016年のサミットが賢島に決まった時はとても嬉しかったです)
そうした経緯もあり、伊勢神宮の御料酒に白鷹さんのお酒が奉仕されているということを知ったときは感動しました。

こうした形で、西宮と伊勢のつながりがあるというところは、ぜひ西宮のたくさんの人々に知っていただきたいことで、とても自慢になるんだろうなと思います。
もちろん、蔵のまち西宮の「白鷹」というブランドに相応しい、上質なお酒もあるというところもぜひ色んな方に知っていただければと思います。

筆者もまだまだ勉強中ですが、こうして取材させていただきながら西宮のよさをさらに引き出していき、魅力あるまちをどんどんご紹介していきたいと思います!
白鷹さん、本当にありがとうございました。


編集部 T.Y.