地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西宮の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西宮の地域情報サイト「まいぷれ」西宮市

のぞいてみたい! 芦屋ママの子育てライフ

第8回 ママが主催!気軽に通えるこどものならいごと

芦屋マダム・・・。豪邸に住まい、移動は高級外車。向う場所はセレブの集うエステ・・・な~んて人も居られるでしょうが、こちらで発信する情報のレポーターは「等身大の芦屋の主婦」です!
芦屋市内を中心に各種スポットを主婦・・・もとい 『マダム』の目線で紹介しましょう。
いろいろと可能性を秘めているこどもたち。その才能を開花されるべくあれもこれもやらせてみたい!と思う親心。
でも『ならいごと』といってもいろいろ。いつからどんなものをやらせればいい…?子どもに合うものをどうやって見つけよう…?というのは迷いどころですよね。CMで宣伝しているような有名なお教室もいいけれど。実は芦屋には自分たちと同じようにお子さんがいる“ママ”が開く、アットホームで気軽に通える個人教室が結構あるんです!その中でも今回は1歳から通える二つの教室をクローズアップしてみました。

音楽で心と脳も育てよう!音楽リトミック教室 SunSun

「気軽に音楽に触れられる教室があるんだけど、行ってみない?」―そんなママ達の口コミから広がり、アットホームで気軽に通いやすいところが人気の『音楽リトミック教室・SunSun』。レッスンを担当するのは、ヤマハ音楽教室システム講師の経験をもち、二人の男の子のママでもある徳山きよみ先生。とても明るく親しみやすい先生です。 レッスンは潮見集会所・若宮集会所それぞれ1~3歳児クラス・計9クラスでレッスン料は月1600円と何ともリーズナブルでうれしい限り!今回は潮見集会所の1歳児クラスと2歳児クラスにお邪魔してみました。

子どもたちの成長に合わせた盛りだくさんのレッスン

「クラスのこどもたちの顔を思い浮かべながらいつもどんなことをするか考えてるんです」という45分のレッスンはとにかく盛りだくさん。音楽に合わせて動いたり踊ったり、カスタネット・太鼓・鈴・木琴などいろいろな楽器に触れたり、音楽を流しながら絵本や紙芝居を読んだり。使用される曲も幼児番組でのおなじみのものや先生がエレクトーンで自ら演奏したものなどバリエーション豊か。そして「能力や成長の様子に合わせて、その年齢ごとに知って欲しいものをとりあげるようにしている」ということで内容もさまざま。同じ曲でも年齢によってアプローチが違います。たとえば歌に合わせておへんじをするのですが、1歳児クラスでは「♪はーい」、2歳児クラスではちょっとレベルアップして「♪ラソ」と実際の歌の音を歌ってのおへんじ。3歳児クラスになるとさらにレベルアップして鉄琴で「♪ラソ」音を鳴らしながらおへんじ、また3歳児後半~4歳児(今年開講)ではキーボードを使用して「♪ラソ」と弾きながらおへんじするそうです。また内容について「何のためにこれを取りあげたのか(こどもの成長にどう働くか)」という説明も細かくしてくださるので、親としても学ぶ部分がとても多いです。
音楽にあわせておへんじ。はじめはできなかったけど、今ではこんなに上手に元気におへんじできるようになりました。
音楽にあわせておへんじ。はじめはできなかったけど、今ではこんなに上手に元気におへんじできるようになりました。
使ったものはちゃんと自分たちでお片づけ。
使ったものはちゃんと自分たちでお片づけ。
音楽に合わせて動く動く!回る回る!(使用している小物は先生の手作りです♪)
音楽に合わせて動く動く!回る回る!(使用している小物は先生の手作りです♪)
跳んだり跳ねたり。みんなとっても楽しそう!
跳んだり跳ねたり。みんなとっても楽しそう!
「兄弟がいる場合、一緒に連れていけるのかしら…」という心配もご無用。小さい子達も上の子たちに交じってばっちり参加しちゃってたりします。また逆にお兄ちゃん・お姉ちゃんが下の子のクラスに参加してることも。このあたりもアットホームなレッスンならではですね。
「私も一緒に参加する!」気分はお兄ちゃん・お姉ちゃんと一緒!?
「私も一緒に参加する!」気分はお兄ちゃん・お姉ちゃんと一緒!?
今回、最年少の参加者(?)朋花ちゃん(3か月)。ママとお姉ちゃんの美里ちゃん(2歳)と一緒に。
今回、最年少の参加者(?)朋花ちゃん(3か月)。ママとお姉ちゃんの美里ちゃん(2歳)と一緒に。

先生は2児の男の子のママ。子育ても教室も全力投球

次男の大智くん(3歳)と。教室のときとはまた違うママとしての一面が垣間見れました。
次男の大智くん(3歳)と。教室のときとはまた違うママとしての一面が垣間見れました。
教室を始めたのは6年前、きっかけはママ友からの強いリクエスト。当初まだ長男が1歳と小さかったため迷ったそうですが、「私が制作担当になる!」「私は機材運搬を手伝うわ」と次第に仲間内で協力体制ができあがったことで決心を固めたそう。当時は教室としてではなく、サークルとして活動しており、レッスン後にはティータイムもあったとか。その後、妊娠・出産で一時中断しましたが、準備期間を経て次男が3歳になる年(2009年3月)より活動を本格的に再開。現在は9クラス・87名が所属する大きな教室に。来年度からはさらにクラスも増えるそうです。でも『教室も大事だけど、子育ても大切』。仕事をするのは教室がある水曜日と金曜日の週二日だけ、あとの日は『子どもと過ごす時間』と決めていて、教室の準備もお子さんが寝た後、夜遅くまで頑張っているとのことでまさに子育ても教室も全力投球。「まあでも常にレッスンのことは考えていて、家事の合間にエレクトーンを弾いたりとか“ながら”でいろいろやってますけどね(笑)」

教室はまだまだ発展途上中。

レッスン中の先生は笑顔でとってもイキイキ(後ろのピンクのサルは先生の相棒・きいすけ)
レッスン中の先生は笑顔でとってもイキイキ(後ろのピンクのサルは先生の相棒・きいすけ)
好奇心が強く、努力家でもある先生。「まだね、教室でやりたいことたくさんあるんです」と教室のホームページを独学で作成したりホームページで教材や他の教室の情報などいろいろ調べて研究したり脳科学の勉強もしたり。またさらに上のステップを目指すべく、2008年4月からは日曜日にリトミック指導の学校に通っているそうです。また今年(2010年)3月には、はじめて教室全体の発表会を開く予定で現在はその準備に追われる日々です。育児・仕事・家事と両立するだけでも大変なことなのに、どうしてそんなに頑張れるの…?と尋ねてみると「やっぱり音楽と子どもが好きだからかな。ちょっと落ち込んだときに、レッスンに通う無邪気な子どもの姿に癒されたこともあったし、レッスンを楽しむことで吹っ切れた部分もあったし」との答えが。
「この教室で学んだことが、脳や心の発達につながればいいなと思っているんです。子ども達が未来の担い手として心ある人に育つために、音楽が影響を与えることができるならいろんなことをやっていきたいなと。ここでのレッスンが子ども達の心の中に引き出しとして残り、いつかその引き出しをつかってもらえる日が来てくれるとうれしいですね。」
音楽リトミック教室 SunSun

*水曜クラス:潮見集会所
*金曜クラス:若宮集会所
*レッスン料 月2回 1600円(入会金 500円/教材費なし)

※現在、新年度クラス(2010年4月)の生徒募集中!定員に達しているクラス等もありますので、詳細はメールにてお問い合わせください。
メールアドレス:sunsun_hiroba@yahoo.co.jp

気軽に英語と英語絵本を楽しもう!英語サークル Little Ladybird English Club

棚には家族の写真がたくさん。家族を大切にされている温かい様子が伝わってきます。
棚には家族の写真がたくさん。家族を大切にされている温かい様子が伝わってきます。
市立美術博物館そばの閑静な住宅街にある、とある一軒家。そこで『Little Ladybird English Club』は開かれています。
ピンポーン、とインターホンを鳴らすと「はーい」と明るい笑顔が印象的な岩橋貴子先生が迎えてくれ、まるでお友達のおうちに遊びに来たような感覚です。そして“教室を開くことを前提に設計した”というおうちの中二階には教室専用の部屋があり、リビングからその部屋の様子が見渡せるようになっていました。

季節にあわせたアットホームなオリジナルレッスン

家の中もクリスマスムード満載。とても大きなクリスマスツリーが飾られていました。
家の中もクリスマスムード満載。とても大きなクリスマスツリーが飾られていました。
今回は、1~3歳児を対象としたサークル『Little Ladybird English Club』を娘のみーにゃんとともに体験。1~3歳児クラスは、親子揃っての参加です。「ほとんど宣伝もしていないのに、口コミで生徒さんが集まってくれたんです」とのことでこのクラスの生徒さんも全員もともとお知り合いだったそう。
まずはみんなで輪になって、歌いながら自己紹介。「My Name Is…?」の問いかけの後にそれぞれ自分の名前を言います。そのあとは先生による英語の絵本を読み聞かせ、絵合わせゲーム、クラフト(※毎回ではなく随時)、歌と踊り、実に盛りだくさん。そしてちょうどお伺いしたのがクリスマス時期ということで、この日のレッスンはクリスマス一色。先生はサンタの衣装で登場、歌もクリスマス風の歌詞に替え、絵本もクリスマスの内容、クラフトもクリスマス風、ゲームで使用するカードの絵もサンタ・鈴・星・プレゼント・靴下などすべてクリスマス関連のものでした。
1回40分のレッスンは終始和やかな雰囲気で進行し、『英語を学ぶ』というよりも『みんなで楽しく遊んでいる中に英語があった』という印象。英語を『教えられている』わけじゃなく『自然と耳に入ってくる』から、きっとこども達も自然と楽しく覚えられるだろうなあ。うちのみーにゃんも家に帰ってから今日歌った歌をさっそく口ずさみ(←もちろん英語で、ですよ!適当ですが)、「楽しかったね」「また英語いこうね」とうれしそうに話していました♪
ちなみにレッスンの内容については、季節のものやこどもの興味などそのときどきにあわせてチョイスしているとのことで全部先生のオリジナル。特にこの1~3歳児クラスでは、飽きてしまいやすい子どもたちに「どう興味を持たせるか?」というのが重要で、ただ絵を見せるだけではなく小物を使って動きをとりいれてみたり、知育的内容も盛り込んだりと毎回いろいろ工夫しているとのことでした。
自己紹介をした後は、名前が書かれたマグネットをペタッ。
自己紹介をした後は、名前が書かれたマグネットをペタッ。
この日はサンタクロースといろんな動物が登場する絵本でした。紹介した絵本は、希望があれば取り寄せもしてくれるそうです。
この日はサンタクロースといろんな動物が登場する絵本でした。紹介した絵本は、希望があれば取り寄せもしてくれるそうです。
お楽しみのクラフト、この日はキリンの顔。「どこに貼ろうかな」と真剣な表情。完成したらおうちに持ち帰り飾ろうね♪
お楽しみのクラフト、この日はキリンの顔。「どこに貼ろうかな」と真剣な表情。完成したらおうちに持ち帰り飾ろうね♪
最後はTen Little indian Boys のクリスマスバージョンの替え歌で、輪になって踊りました。
最後はTen Little indian Boys のクリスマスバージョンの替え歌で、輪になって踊りました。

気軽に英語と英語絵本を楽しんでもらいたいから・・・・教室運営もママ目線

入口にはたくさんの絵本が。希望の本があれば取り寄せもしてくれるそうです。
入口にはたくさんの絵本が。希望の本があれば取り寄せもしてくれるそうです。
レッスンは1回800円。月払いではなく、1回ごとの料金です。「こどもって急に体調を崩したりすることがよくありますよね。実際に自分のこどももよく体調を崩すことがあるし・・だから来れるときに払ってもらうという形式にしたんです」とママであるからこその配慮。
そして、教材代などを考えたら安すぎるんじゃない?とも思えるレッスン料について聞いてみたら「子どもの機嫌によってレッスンにまったく集中できない日とかもありますよね。そんなときレッスン料が高いと“損した!”という気分になると思うんです。私が習う立場として考えたら1000円でも高いと思っちゃう。だから自分の中で“妥当な金額”として設定しました。」とのことでした。「何より、“気軽に英語と英語絵本を楽しんでもらいたい”というのが一番の目的なんです。それにサークルという形式をとることでママ同士の和気藹々とした交流の場を提供できたらいいな、と考えています。私自身、子育てをするにあたってたくさんの仲間に支えられてきたという思いがあるので…」
先生自身が二人の男の子のママであり、「自分が通うとしたら…」というママ目線を常に持っているからこそ、こんなふうに気軽に「通いたい!」と思えるアットホームな教室が実現できているんだな、と改めて思いました。

”楽しい”からこそできる!

レッスン中、先生も終始笑顔。ご自身も楽しんでいる様子がとても伝わってきました。
レッスン中、先生も終始笑顔。ご自身も楽しんでいる様子がとても伝わってきました。
個人教室だから、準備からはじまり教室の運営や管理などもすべて自分でやらなければならないし、育児や家事との両立も大変なはず。実際「常にレッスンのことを考えているし、レッスン前日は毎回夜遅くまで準備に追われるんです」と先生。それでも頑張って続けられる理由は・・?と尋ねると「やっぱり“楽しいから”のひとことに尽きる」とのことでした。準備を頑張った分だけこども達からダイレクトに反応が返ってくる。そしてこどもたちが楽しむ姿をみると自分も楽しくなる、こども達がレッスンを通じて成長していく姿が見られるのもうれしい、と。ご主人やお子さんも、教室を始めてからイキイキしている先生の姿を見ているからとても協力的で、レッスンの前日には掃除を手伝ってくれたり、「これレッスンに使えるんじゃない?」とネタを提供してくれたりもするんだそうです。
「英語絵本の読み聞かせというと難しそうに感じるかもしれませんが、たとえ英語の発音がうまくできなくても、絵だけでも十分に楽しめるし、外国ならではの文化も多数登場するから、自然と学ぶこともできると思うんです。遊びを通じて英語の楽しさを伝えられたら、そしてそれが将来“こんなことやったなあ”と思い出してもらえるような、引き出しの一つになってくれればうれしいですね」。
Little Ladybird English Club(1~3歳児向けBabyサークル)

*月曜:11:00~11:40
*木曜:10:30~11:10 
*レッスン料:1回 800円(入会金 500円/教材費なし)

※木曜クラスのみ現在生徒募集中です。
※その他、幼稚園児クラスなどもあり。詳細はメールにてお問い合わせください。
メールアドレス:iwa422@yahoo.co.jp

先生も楽しい。だから生徒も楽しい

今回二つの教室を取材してみて感じたのが、先生二人とも自分が「やりたい」と思うことがハッキリとしていて「楽しい!」と思えることをやっているからとてもイキイキとしていた、ということ。子育て中って自分の時間もなかなか取れないし、それに自分で教室を運営するって責任もありとても大変なことだと思うんです。でもそれを「楽しいからこそできる」と言い切る姿、そのために努力を惜しまない姿はとても素敵で輝いてカッコよかったなあ。
先生が楽しそうな姿を見ているからか、通う生徒たち・そしてそのママたちもみんなとても楽しそうで、どちらの教室もレッスン中は終始笑顔があふれていました。
気軽に通える『ママ主催』のならいごと。みなさんもぜひお子さんと一緒に通ってみませんか?

ペンネーム:orange


結婚を機に芦屋に住み始め5年。夫と娘(2歳 通称:みーにゃん)の3人家族。芦屋在住でありながら、ハイソなイメージとはかけ離れ、いたって庶民派。移動はもっぱらチャリンコ、行動範囲も広く東は甲子園・西は住吉までならスイスイっと行ってしまいます。芦屋の庶民派代表として(?)、子育てライフをレポートしていきたいと思います♪

◎このコーナーはNPO法人さんぴぃすが担当しています◎
NPO法人さんぴぃす:芦屋市を拠点とし、子どもの健全育成を中心に事業展開しています。
今年から親子間のコミュニケーション向上のためのセミナーもスタート!
★詳しくは公式Webサイト  http://sanps.com  まで